新聞記者、たまにはまったり行きましょう


by ohsvnbpb25

「大変、残念」長官銃撃事件時効に中井国家公安委員長(産経新聞)

 国松孝次警察庁長官(当時)銃撃事件の時効を受け、中井洽国家公安委員長は30日、閣議後の記者会見で、「時効を迎えたことはたいへん残念。この事件の調査のあり方と反省を踏まえて二度とこういう悔しい、威信にかかわる事件の捜査が時効になることがないよう体制の強化に全力をあげてほしい」と述べた。

 また、警視庁の公安部長が犯人を特定できなかったにもかからわず、オウム真理教信者の犯行と言及したことについては「かつてない発言だが、くやしさがにじみ出ていると思う。消去法からそこしかないとの確信もあるのだろう。犯人を特定できなかったことへ反省もして異例の発表になったのだろう」と語った。

【関連記事】
長官銃撃は「オウムによるテロ」 警視庁が異例の会見
警察庁長官銃撃事件が時効 実行犯特定できず捜査終結
「全員が浮足立っていた」重圧、混迷の初動捜査
地下鉄サリン直前「捜査攪乱の情報あった」 国松元警察庁長官証言
時効間近 警察庁長官銃撃事件で浮かんだ「容疑者」の真贋

日本の技術を国際標準化=「知財」推進で三つの柱−政府(時事通信)
反対派住民が説明会阻止(産経新聞)
核先制不使用は「時期尚早」=防衛研が10年版戦略概観(時事通信)
<茨城空港>アシアナ航空機がオーバーラン(毎日新聞)
券売機の釣り銭補充、100円と10円取り違え(読売新聞)
[PR]
by ohsvnbpb25 | 2010-04-01 03:55