新聞記者、たまにはまったり行きましょう


by ohsvnbpb25

<   2010年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 22日午後2時ごろ、群馬県高崎市の陸上自衛隊吉井弾薬支処で、隊員が対戦車用ミサイル「79式対舟艇対戦車誘導弾」(全長157センチ、直径15センチ、重さ33キロ)を点検中、突然ミサイルが発射し、施設の壁を突き破って約5メートル先の土手にぶつかった。ミサイルはさく裂せず、隊員にけがはなかった。外部への影響もないという。陸自などが誤発射の原因を調べている。

【写真で見る日本の軍事力】陸上自衛隊:富士総合火力演習

 防衛省陸上幕僚監部によると、このミサイルは戦車や船などを標的に使われる。正常に作動するかどうかを点検するため、隊員2人が保管用の容器から取り出して作業していたところ、1発が突然、飛んだという。加速度などが足りなかったため爆発しなかったとみられる。

 本来、発射の際には筒状の装置に入れて通電させるが、電流が過大に流れると、本体だけでも飛ぶことがあるという。陸自トップの火箱芳文・陸上幕僚長は22日の会見で「極めて不適切。大変申し訳ない」と陳謝した。

 現場はJR高崎駅から約5.5キロ離れた農村地域。消防車両やパトカー、ヘリコプターなどが集まり騒然となった。近くに住む女性(76)は「40年以上住んでいるが、これまで危ないと思ったことはなかった。実際に事故が起きると怖い」。男性(70)は「遠くで銃を撃つような音には慣れているが、今日は少し大きい音がしたので、変だなと感じた」と話した。【樋岡徹也、角田直哉】

【関連ニュース】
【自衛隊と事故】護衛艦衝突:「くらま」、関門海峡で貨物船と
ボックス60:1967(昭和42)年4月21日 佐藤栄作首相が武器輸出三原則
【こちらは国産ロケット】大型ロケットH2B:打ち上げ成功 宇宙ステーション補給機を搭載
ミサイル防衛:PAC3芦屋配備反対 住民が町に要請書 /福岡

東大寺にふすま絵40面奉納=日本画家、5年がかりで制作−奈良(時事通信)
<警察庁長官狙撃>アレフが違反調査請願(毎日新聞)
<自民>元巨人・堀内氏の擁立検討(毎日新聞)
「車が泥はね服に」とウソ、7万円だまし取る(読売新聞)
不妊治療費助成の条件緩和などを陳情(医療介護CBニュース)
[PR]
by ohsvnbpb25 | 2010-04-27 18:15
 富山市大泉の3階建てマンション兼店舗で20日、2階住居部分が燃え、焼け跡から男女2人が遺体で見つかった火災があり、富山県警は、いずれの遺体も首に絞められたような跡があることなどから、富山県警は2人が殺害され、放火された殺人・現住建造物等放火事件と断定。

 21日、富山中央署に捜査本部を設置した。

 発表によると、20日午後0時25分頃、2階の会社役員福田三郎さん(79)方から出火、寝室の床に倒れた状態で2遺体が見つかった。男性の遺体は損傷が激しく、県警は福田さんとみてDNA型鑑定で特定を進めている。女性は妻の信子さん(75)と確認した。

 司法解剖で、2人は首を圧迫されたことによる窒息死と判明。信子さんの首には、ひも状のもので縛ったような跡もあった。玄関の鍵は開いていたとみられる。県警は住居内に侵入した何者かが2人を絞殺後、部屋に火を着けたとみている。

 福田さん夫妻は2人暮らしで、建物は、1階が居酒屋で、2、3階はマンション。

 捜査本部は21日午前8時から現場検証し、出火原因を調べる。

<村本博之さん>18日に葬儀 東京・南青山(毎日新聞)
夫婦別姓導入を提言=新計画へ中間整理−男女参画会議(時事通信)
新聞記事や割引券…実用的学力重視 学力テスト(産経新聞)
人民元問題、直ちに対応を=米130議員、財務長官らに書簡
<雑記帳>「イルカのぼり」スイスイ 青森(毎日新聞)
[PR]
by ohsvnbpb25 | 2010-04-23 03:36
 長妻昭厚生労働相は13日午前の閣議後会見で、11年度の子ども手当の満額(月額2万6000円)支給に関し、政府内から一部を保育所整備などに充てるべきだとの発言が相次いでいることに対し、「現金支給を考えている。日本は先進国の中でも現金支給のレベルが低い」と述べた。【鈴木直】

【関連ニュース】
子ども手当:外国人への支給厳格化 年2回帰国面会確認へ
自民:子ども手当「不要」 逆・事業仕分け始める
参院選:政府・民主党 マニフェスト策定へ実質議論を開始
仙谷担当相:子ども手当満額支給の前に給食費の天引き容認
子ども手当法:成立 6月から支給

仕分け第2弾 ネット競演で盛り上がるか?(産経新聞)
現役首長らが新党「日本創新党」を結成(読売新聞)
インクレチンとSU薬の適正使用で勧告―日糖協(医療介護CBニュース)
堺男児死亡 逮捕の男、怖くなり逃げ出す 母親の元同僚、内縁関係(産経新聞)
石原都知事 新党の発起人に 手詰まりの都政に嫌気?(毎日新聞)
[PR]
by ohsvnbpb25 | 2010-04-20 14:08
 □ブルーベリーフィールズ紀伊國屋社長 岩田康子さん

 ■需要見込んで新規就農 でも、一番大切なのは子育てです。

 琵琶湖を見下ろす山の一面に広がるブルーベリー畑は、6月から8月に多くの実をつける。国産のブルーベリーがまだ希少だった27年前、2児を連れ、この地で栽培を始めた岩田康子さん(62)。今では生のブルーベリーやジャムをホテルや百貨店に出荷する傍ら、レストランとパン工房を経営し、年商2億円のビジネスに育て上げた。新しい農業のスタイルを確立するまでの道のりを聞いた。(聞き手 石川有紀 

 −−なぜ、ブルーベリーだったのですか

 岩田 農業を始めようとした27年前は、減反政策が進められていたときでした。お米はもちろん、普通の野菜を作っても新規就農では食べていけないだろうと。だれもやっていなくて、かつニーズがあるものをと考えたときに、かつてフランス料理やお菓子を習っていたときのことを思いだしたんです。生のブルーベリーが手に入らず、米国産の水煮缶を使ったんですけど、甘くも酸っぱくもないの。そのとき先生が、いかに生のブルーベリーだったらおいしいかを熱く語ってくれたのが心に残っていて…。見たことも聞いたこともないあこがれの果実でしたね。生が希少でしたから、需要があるだろうと思いました。

 −−えっ、たったそれだけの理由で…。それにしてもフレンチを習っていたなんて、すごいですね

 岩田 私、23歳で京都の着物の織元に嫁いだんです。敷地は3万5千坪、お茶室もあって四季の美しいお庭でした。そんな暮らしでしたから、ホテルの料理教室でシェフに習っていました。

 −−そんな優雅な生活からどうして大津の山の上へ移ることになったのですか

 岩田 事情があって35歳で離婚しました。周囲は子連れでの離婚に猛反対でしたが、私は大きな家に嫁ぎたかったわけではなくて、夫の元に嫁いだのですから。家に留まる理由がなくなってしまい、出ていくことを決めました。

 −−そうでしたか。でも、どうして経験のない農業を始めようと?

 岩田 事情を知った出入りの造園業の人が、それとなく教えてくれたんです。「大津に売り出される農地があるらしい」って。それで離婚届に判を押してすぐ、2人の子供をつれて山へ行きました。

 −−突然生活が変わって子供たちも大変でしたね

 岩田 長男が10歳、長女が8歳でした。大好きなお父さんと、なぜ別々に暮らすのかわからなかったでしょうね。でも、京都の生活では、おけいこの先生を家で待たせているのに、子供たちはわざと道草してノイチゴをとってきたり、何となく、大人が押しつけることを子供が受け取っていないと。もっと大切なことがあると感じていました。

 −−子育てが一番重要だった

 岩田 私はブルーベリー栽培で生きていくと決めましたが、子供を一人前の大人に育てなければ、いくら事業で成功してもだめだと覚悟していました。これは、元主人との約束でもありました。

                   ◇

【プロフィル】岩田康子

 いわた・やすこ 昭和23年、京都市生まれ、62歳。ブルーベリーフィールズ紀伊國屋社長。大津市を拠点にブルーベリー栽培とジャム販売、レストランなどを経営。同市の成安造形大学内にカフェテリア「結(ゆい)紀伊國屋」、滋賀県高島市に観光農園「ソラノネ紀伊國屋」もオープンし、食の大切さを伝える取り組みも行っている。今年2月には関西財界セミナーで「輝く女性賞」を受賞した。

<女児重体>体にあざの3歳児が意識不明 虐待の可能性も(毎日新聞)
飲酒運転し追突、神奈川県議逮捕(時事通信)
「首長新党」に首相、「私たちが先を走っている」(産経新聞)
亀井氏、郵政法案は20日までに国会提出(産経新聞)
昨年の医療事故報告、過去最多―医療機能評価機構(医療介護CBニュース)
[PR]
by ohsvnbpb25 | 2010-04-14 10:37
 政府の中央防災会議専門調査会の秋草直之座長(富士通取締役相談役)は2日、利根川、荒川の洪水により首都圏で想定される被害と対策を盛り込んだ報告書を中井洽防災担当相に提出した。地下鉄や地下街が浸水し被害が拡大するのを防ぐため、自治体や鉄道、ビルの管理者らで協議会を設置、浸水対策を強化するよう求めたのが特徴だ。

 報告書は、荒川の堤防決壊による死者は最悪で3500人と想定。東京都北区で決壊した場合は、下流の台東区など51万世帯が浸水すると分析した。

「高齢女性狙った」 ひったくりで中学生3人逮捕(産経新聞)
関東に“嵐”、通勤の足などに乱れ(産経新聞)
<普天間移設>「沖合案」撤回申し入れ 社民と国民新(毎日新聞)
「脳トレ」で高齢者事故防止=出張講座、「ゲーム感覚」好評−愛知県警(時事通信)
宅八郎氏を起訴猶予=男性への脅迫事件−神戸区検(時事通信)
[PR]
by ohsvnbpb25 | 2010-04-09 00:24
 再審無罪が確定した足利事件について最高検は1日、捜査・公判の検証報告書を公表した。同日午前に公表された警察庁の報告書と同様に、DNA鑑定の証拠価値判断を誤り、無罪が確定した菅家利和さん(63)の自白を虚偽だと見抜けなかったと自戒した。警察捜査をチェックできなかった実態を示すとともに、真犯人らしき男の目撃証言を得ながら検察官が目撃者に確認しなかった事実を指摘した。

 ◇「犯人目撃」確認せず

 最高検の報告書は、逮捕時のDNA鑑定における同一人物の出現頻度(別人でも一致の確率)は190人分のサンプルに基づき1000人中8.3人(血液型検査加味だと1.2人)だったが、控訴審の時点ではサンプル数が957人分に増え1000人中35.8人(同5.4人)になっていたと指摘。

 現場の栃木県足利市だけでもDNA型・血液型とも一致する男性は約100人に上り「犯罪が可能と考えられる男性は相当数」なのに考慮しなかったと批判した。

 殺害状況などの供述が変遷し、自白の客観的な裏付けがないことや、逮捕直後の拘置質問で裁判官に「答えたくありません」と述べていた点にも触れ「自白に対する吟味が不十分。菅家氏が真犯人ではなく虚偽自白をしたのではないかとの観点からの検討が必要だった」と指摘した。

 事件当日、被害者とみられる女児と一緒に歩く犯人らしき男を見たという証言を警察が2人から得ていた事実にも言及。「自転車に被害女児を乗せた」という自白に合致しないことから、主任検事が2人に確認しなかったことを批判した。【三木幸治、鈴木一生】

【関連ニュース】
足利事件:栃木県警が会見「改めておわび」
足利事件:「捜査としては完敗」 DNA型鑑定の妄信自戒
足利事件:捜査検証報告書を公表 DNA型鑑定を過大評価
足利事件:菅家さんの公民権が回復 選挙権も復活へ
足利事件:「運転免許を取って温泉も」 菅家さん会見で

北海道4児死亡 車内に使い捨てライター、紙に引火か(毎日新聞)
小沢氏、共同資産不記載 土地とホテル 公表義務に抵触も(産経新聞)
<足利事件>「捜査としては完敗」 DNA型鑑定の妄信自戒(毎日新聞)
<前原国交相>成田に全身スキャナー 7月めどに実験開始へ(毎日新聞)
病院の規模で収入傾向が2極化―帝国データ(医療介護CBニュース)
[PR]
by ohsvnbpb25 | 2010-04-05 23:14
 国松孝次警察庁長官(当時)銃撃事件の時効を受け、中井洽国家公安委員長は30日、閣議後の記者会見で、「時効を迎えたことはたいへん残念。この事件の調査のあり方と反省を踏まえて二度とこういう悔しい、威信にかかわる事件の捜査が時効になることがないよう体制の強化に全力をあげてほしい」と述べた。

 また、警視庁の公安部長が犯人を特定できなかったにもかからわず、オウム真理教信者の犯行と言及したことについては「かつてない発言だが、くやしさがにじみ出ていると思う。消去法からそこしかないとの確信もあるのだろう。犯人を特定できなかったことへ反省もして異例の発表になったのだろう」と語った。

【関連記事】
長官銃撃は「オウムによるテロ」 警視庁が異例の会見
警察庁長官銃撃事件が時効 実行犯特定できず捜査終結
「全員が浮足立っていた」重圧、混迷の初動捜査
地下鉄サリン直前「捜査攪乱の情報あった」 国松元警察庁長官証言
時効間近 警察庁長官銃撃事件で浮かんだ「容疑者」の真贋

日本の技術を国際標準化=「知財」推進で三つの柱−政府(時事通信)
反対派住民が説明会阻止(産経新聞)
核先制不使用は「時期尚早」=防衛研が10年版戦略概観(時事通信)
<茨城空港>アシアナ航空機がオーバーラン(毎日新聞)
券売機の釣り銭補充、100円と10円取り違え(読売新聞)
[PR]
by ohsvnbpb25 | 2010-04-01 03:55