新聞記者、たまにはまったり行きましょう


by ohsvnbpb25
 厚生労働省はこのほど、社会福祉施設における腰痛防止や危険予知対策のためのマニュアルを公表した。

 社会福祉施設などを含む保健衛生業で、業務上の疾病として腰痛と認定された人は、2008年に1245人で、年々増加している。介護分野で腰痛が最も起こるのは入浴介助で、大半は移乗介助によるものという。

 マニュアルでは、利用者の体重や介助への協力の度合い、残存能力などを評価しながら、適切な介助方法を判断することや、作業で前かがみになったり、腰をひねる、反らしたりするといった「不自然な姿勢」を取る頻度を少なくするなど、リスクを低減するための工夫を呼び掛けている。このほか、移乗、入浴、トイレ介助についての具体例も示している。

 マニュアルではまた、製造現場などで日常的に行われている「KY(危険予知)活動」も紹介。職場で話し合いながら事故につながるリスクを洗い出し、注意が必要なプロセスについては、指を差しながら声を出して確認する「指差し呼称」などを行って注意を喚起する活動が、介護分野にも導入できる可能性があるとしている。


【関連記事】
施設系職員の不満目立つ―介護労働安定センター調査
介護施設での事故、転倒が6割−三菱総研調べ
介護従事者の負担軽減に福祉用具の導入を―リフトリーダー養成研修会
介護サービスへの苦情は減少傾向−東京都国保連の相談白書
「介護事故」の定義を明確に―日本介護福祉士会

<片山清司さん>十世片山九郎右衛門を襲名へ(毎日新聞)
六代目円楽さんが32年ぶりの寄席=東京・末広亭で襲名披露(時事通信)
<日米密約>横須賀市議会が非核三原則順守の意見書案可決(毎日新聞)
経産省に「韓国室」=EPA交渉、企業リサーチも(時事通信)
今月末に日米外相会談 国務次官補は来月訪日意向(産経新聞)
[PR]
# by ohsvnbpb25 | 2010-03-24 03:21
 投資名目で金を集める詐欺事件の被害が後を絶たないため、警察庁と金融庁、証券取引等監視委員会は18日、合同の対策ワーキングチームを設け、連携を強化することを決めた。寄せられる具体的な情報を3者間で共有し、捜査だけでなく、行政処分や警告を素早く行い、早期の被害防止を図る。
 チームが対象とするのは、ファンドと呼ばれる投資・分配スキームのうち詐欺が疑われる事案。どの事業者がどんな方法で資金を集めているのかなど、これまでは2者間でしか交換していなかった情報を3者間で共有した上で、(1)捜査着手(2)業務停止や改善命令などの行政処分(3)警告−などの措置を決める。
 問題となるファンドの事業者は大多数が東京など首都圏に集中しているため、警視庁と埼玉、千葉、神奈川各県警などの担当課長らもオブザーバーとして参加する。19日に初の会議を開く。 

【関連ニュース】
報酬開示、当初案通り実施=1億円以上対象
味の素社員に課徴金39万円=審判でインサイダー認定
個別報酬開示「反対多い」=アナリスト協会が意見書
モジュレに課徴金勧告=有報虚偽記載で
「反対したってやる」=役員報酬の開示義務化で

<ケニア人元留学生>在留特別許可求め入管出頭 元駅伝選手(毎日新聞)
県内産日本酒で統一ブランド=熊本〔地域〕(時事通信)
<北海道8区>佐藤健治被告、5年間立候補禁止が確定(毎日新聞)
一票の格差「違憲」=衆院定数訴訟で7例目判決−名古屋高裁(時事通信)
築地市場の移転問題 都議会参考人「早期移転を」(産経新聞)
[PR]
# by ohsvnbpb25 | 2010-03-19 15:00
 「岸壁の母」の大ヒットで知られる歌手、二葉百合子さん(78)が17日、所属する東京都文京区のキングレコードで会見し、来年3月で引退すると正式に発表した。健康上の不安はないものの「元気で歌える今が幕を下ろす時期」と、自ら決断したという。

 二葉さんは6月に「岸壁の母〜歌謡節“母の叫び”入り」などが入ったアルバムを発売の予定。来年3月に東京で最終公演を開き、引退後は石川さゆりさん、坂本冬美さんら弟子の指導にあたる。

【関連ニュース】
二葉百合子さん:引退
二葉百合子さん:17日に引退会見
水俣病:石川さゆりさん公演から30余年 胎児性患者ら、あすシンポ /熊本
浪曲師:3歳から芸の道、二葉百合子が引退
壮大で凄絶な三木の遺作/強い女性の「今」を描く

<地震>千葉県で震度3=16日午前7時30分ごろ(毎日新聞)
「すり寄りではない」子ども手当合意で公明幹事長(読売新聞)
上司に「殴るぞ、この野郎」=暴言書記官を停職−横浜地裁(時事通信)
公明党、執行部に一任 「子ども手当」賛成へ(産経新聞)
キャリアアップシステムの導入で報告会―全老健(医療介護CBニュース)
[PR]
# by ohsvnbpb25 | 2010-03-18 01:32
 禁止地域で個室マッサージ店を営業したとして、警視庁保安課と本富士署は風営法違反(禁止地域内営業)と入管難民法違反(資格外活動)の疑いで、東京都文京区湯島の「Bunny」経営者で韓国籍の張(チヤン)良淑(ヤンスク)容疑者(54)=同区根津=と従業員など女計5人を逮捕した。同課によると、張容疑者は「違法と分かっていた」と容疑を認めている。

 同店は平成17年以降、2億円近くを売り上げたとみて、同課が詳しく調べている。

 逮捕容疑は、今月6日、同店内の個室で男性客(32)に性的サービスを提供したなどとしている。

 同課によると、逮捕された従業員3人のうち2人は、通訳などとしての就労が認められた「人文・国際」ビザを持っていた。

【関連記事】
偽装ラブホ経営者ら書類送検 風営法違反で兵庫県警
見た目はデリヘル、実際は… 風営法違反容疑で6人逮捕
池袋の個室マッサージ店一斉摘発 店長ら7人逮捕
禁止地域で風俗店営業の疑い 兵庫県警、2人逮捕 
氾濫する偽装ラブホ 過激グッズで集客も
20年後、日本はありますか?

米、スウェーデン折衷型社会を=日本の将来で提言−内閣府の研究機構(時事通信)
対テロ戦“4正面作戦”と日本の役割(産経新聞)
<中村耕一容疑者>大麻やコカイン、自宅から押収(毎日新聞)
兵庫県副知事に総務省の金沢氏起用へ (産経新聞)
JAYWALKボーカル「疲れとるため」薬物使用(読売新聞)
[PR]
# by ohsvnbpb25 | 2010-03-16 17:41
 前原誠司国土交通相は5日の閣僚懇談会で、中央省庁の天下り問題に関連し、定年前の退職者に対しては天下りを認めない代わりに民間企業が実施している退職金の上積みなどの処遇を検討するよう提案した。同日記者会見した前原氏によると、仙谷由人国家戦略担当相と枝野幸男行政刷新担当相が中心になって法改正を含め対応することになったという。
 中央省庁では後進にポストを譲るため定年前に役所を去る早期勧奨退職の慣行があり、天下りの原因となっている。
 前原氏は会見で、最終的には早期勧奨退職を前提とした人事制度の抜本的な見直しが必要と強調。その一方で、「(今の)早期勧奨退職をなくして定年まで働くことになると、(公務員定数が決まっているため)新しい人が採れない」と述べ、天下りをやめた場合、新規採用枠が減り中堅、若手の人事が滞るとの懸念を表明した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
場外戦にもつれ込む「小沢捜査」の内実

相次ぐ悲劇 「夫に似てかわいくない」 親のストレスはけ口(産経新聞)
介護職員処遇改善交付金のキャリアパス要件を決定―厚労省(医療介護CBニュース)
雪・強風JR直撃、3千人が一時車内缶詰めも(読売新聞)
はしかワクチン、接種低迷=新型インフル余波か−09年患者激減、「排除」へ正念場(時事通信)
<脱税>芸能事務所アバンギャルド社長に有罪判決 東京地裁(毎日新聞)
[PR]
# by ohsvnbpb25 | 2010-03-11 22:54